迅速に修理に出すのがおすすめ

画面が割れていると困る

様々なケガに繋がってしまう

画面が割れた時に、破片が飛び散ります。
すると自分の身体に刺さって、ケガをする可能性があります。
ケガを防止するためにも、スマホ画面が壊れたらすぐ修理に出してください。
修理に出している間は、代わりのスマホを支給してくれます。
データも移動しているので、これまでと何も変わりなく使用できるはずです。

自分のスマホ画面が割れていることが原因で、他人をケガさせてしまうことがあります。
すると治療費や慰謝料を支払わなければいけないので、大きな出費に繋がります。
スマホの修理費用がもったいないと思って、壊れたまま使っている人が見られます。
しかし他人をケガさせて治療費などを支払う時の方が、出費が大きいと覚えておきましょう。

ヒビが入った段階で修理する

スマホは、非常にデリケートです。
落としただけで、画面が割れることがあるので丁寧に扱いましょう。
まだ割れていなくても、ヒビが入っていた場合は念のため見てもらった方が良いです。
使用しているうちに、ヒビ割れの範囲が広がったり割れたりしてしまいます。
小さいヒビが入っている時は、見逃がすかもしれません。

スマホを落とした時は、ヒビが入っていないかしっかりとチェックしてください。
どこにもヒビが入っていなければ、これまで通り使用できます。
完全に画面が割れている状態のスマホを修理する時と、ヒビが少し入っている状態のスマホを修理する際は、後者の方が安い費用で済みます。
放置しておくと、どんどん修理費用が高くなってしまいます。


TOPへ戻る