スマホ画面が割れたまま使っているとどんなデメリットがある?

迅速に修理に出すのがおすすめ

PICK UP!

画面が割れていると困る

画面が割れているスマホを使っていると、ケガをする恐れがあります。 小さなガラスの破片でも、人体に刺さると痛いし血が出ます。 自分がケガをした際は自業自得で済みますが、他人をケガさせた時はもっと大きな問題になります。 ヒビが入った段階で、修理に出しましょう。

PICK UP!

うまく操作できなくなってしまう

画面が割れていると、次第に操作できなくなってしまいます。 自分が開きたいアプリをとは、異なるアプリが勝手に開かれることもあります。 仕事に支障が出るかもしれないので、修理しなければいけません。 徐々に操作できなくなるパターンもあります。 早めに、修理に出しましょう。

割れているとケガの危険性がある

まずスマホ画面が割れていると、ケガをする恐れがあります。
破片が飛び散って、自分に刺さるかもしれません。
目に入ったら、失明する恐れがあるので非常に危険です。
そのようなことがあるので、スマホ画面が割れたら、早く修理に出した方が良いと言われます。
自分がケガをするだけでなく、他の人をケガさせてしまうかもしれません。
責任を取らなければいけないので、トラブルが起こる前に直してください。

また、操作上の不具合が生じる可能性が大きいです。
勝手にアプリを開いたり終了したりするので、使えません。
大事な連絡をしている時に、通話が切れると仕事に悪影響を与えます。
電源が勝手に入ると、電池の消耗が激しくなるので何回も充電する羽目になります。
面倒ですし、電機代も高くなるのでメリットがありません。
最初は不具合が起こっていなくても、次第に起こるようになります。
初期段階のうちに修理することで、費用が安くなるメリットがあります。

放置しているとホコリや水などスマホの内部に侵入して、データが破損する危険性があります。
大事なデータを、スマホに保存している人がいるでしょう。
画面が破損していると、急に電源を入れることができなくなるケースが多いです。
大事なデータを守るため、修理を早く済ませてください。
修理すれば。アドレスや写真などのデータがなくなることはありません。
遠くにいて滅多に会えない人の連絡先を聞くのは、難しいです。
アドレス帳を守れるよう、修理しましょう。

大事なデータを守ろう

放っておくと次第に、スマホの内部にホコリなどが侵入しやすくなります。 するとデータが破壊されます。 1度破壊されたデータは、復活できません。 思い出の写真や音楽、動画などが消えます。 さらにアドレス帳や、仕事内容が書いてあるメールも消えるので注意しましょう。

TOPへ戻る